« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/27

MFD2-HY (FIT3 GP5/6) フィット3 ハイブリッドモニタ-2

ようやく、EV走行時も走行用ギアP表示が出来るようになったのですが、今まで気づかなかった、思い込みの誤解釈などが出てきました。
まず、停止/発進はいずれの場合も2速であること。Sモード時でパドルシフトダウンで1速。
何故2速かは、判りませんが1速はギア比が4.148とエンジン車の1速よりずいぶん高いので、エクストラローという感じの設定ですね。通常2速でモーターの特徴の立ち上がりトルクを利用し(EV、またはアシスト)の力で発進するようです。何らかの都合で、モーターアシストが得られないときは、1速を使う様です。
Dsc_0035 また、今回モーター回転をモニタしていると、走行中で同速度、同ギアPでもモーター回転が上下します。エンジン稼働での通常走行では、たいていはほぼ同回転ですが、アシスト時や充電優先モード時(?)、暖回生時、フル回生時などの違いでしょうか、状況に応じて制御しているようです。モーターが奇数段直結なので、走行用のギアPとは異なるため回転の変動となるようです。フル回生は、エンジン停止で3速直結の様ですが、通常のフットブレーキとの協調制御が難しそうです。
この辺りも、時間がとれればデーター収集と解析を進められたらと思っています。

などなどと、以前勝手に解釈していた内容が、単に誤解釈であったことも明るみに出てしまったり、またご指摘なども受けたりし、反省しきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/24

MFD2-HY (FIT3 GP5/6) フィット3 ハイブリッドモニタ

本製品、引き続きお使いいただいていた方には、再度メールにて連絡を入れさせていただきましたが、ようやくギアポジション表示の修正に目処がつきました。
解析について紆余曲折、前回はパラメーターの情報が限られている中で、多大な思いこみによる判断でいろいろと進めましたが、今回更に解析を進めました。
車両側の変化と情報の変化を見比べての解析になるわけですが、再現が難しかったり、一番の問題はこう動くはずだという人間サイドの思いこみと無理な理由付けで解釈してしまうと、なかなかたどり着けず、今回も反省しきりです。

問題のギア表示については、一旦見付けたパラメーターが状況によってうまくない物であったりと、再解析にも時間がかかりましたが、ようやく、EV走行時での変速も表示できるようになりました。Mfdhy_004s_2 また、モーター回転数の表示が可能となりましたので、従来のA/F表示(変化に乏しい)に変えて表示することとしました。(従来のエンジン回転の箇所にモーター回転、従来のA/Fの箇所にエンジン回転)
また、表示の絶対面積が小さく根本の解決ではありませんが、小さいデジタル表示のフォントを変更し、若干の視認性を上げました。
http://www.arkdesign.co.jp/mfd2-hy.htm

変速自体がこう動くのかなど、いろいろと考察することもありますが、この辺りはまた後日に考えたいと思います。

 

前回、いろいろと、ご指摘いただきました皆様方に感謝致します。
また、初期ユーザーの方には、再々の面倒かけてしまったこと、反省しきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »