« ホンダ車速感応ドアロックについて その2 | トップページ | お知らせ »

2015/03/04

ホンダ車速感応ドアロックについて その1

他社品との違いの問い合わせが多いため、再度の紹介です。

現在、ホンダ用の車速感応ドアロックとして、汎用タイプのAIDLと車型専用のAIDL2の2種類設定しています。
類似品も沢山市場にありますが、特徴としてはAIDLの汎用タイプは、ロックは車速にて行いますが、アンロックは、類似品同様パーキングに入れた時にもアンロックしますが、運転席シートベルト解除でも前席アンロックします。(キーオフでもアンロック)
AIDL2の車型専用品(フィット2/フィット3)は、汎用タイプの機能に加えてリバースハザード機能が追加されます。リバースに入れただけでは点灯せず後退を始めたらハザード点灯し始め、リバースからレバーを動かすと数秒後に自動停止します。コンビニなどの歩行者が混在する箇所などで、周囲に後退のアピールができ安全性が高まります。


詳細はこちらを参照下さい。

|

« ホンダ車速感応ドアロックについて その2 | トップページ | お知らせ »

HONDA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042693/59142611

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ車速感応ドアロックについて その1:

« ホンダ車速感応ドアロックについて その2 | トップページ | お知らせ »