« 2018年3月 | トップページ

2018年7月

2018/07/03

MFD マルチ・ファンクション・ダッシュ

フラット・ディスプレイのメーターを付けたいんだけど、車両OBDコネクタが付いてないとちょっと旧車のオーナーの方へ。
もしくは、LINの接続で表示のレスポンスが悪いという方へ。
また、ブースト計付けたいんだけど、丸い筐体を付けたくないという方へ。
そして1DINの空きスペースがある方へ。
MFD使ってみませんか?
車両ECUの配線に直接接続するため、OBDコネクタは不要でかつ表示レスポンスの問題もありません。
配線は、作業を伴うためちょっと面倒ではありますが、見たい項目の信号線だけ接続すればOKです。
ブースト計として使用の場合は、4φホースの引き込みすれば、室内側で電源/アースの接続だけでOK。
NAの場合は、負圧計の盤面もあります。
表示部は軽く薄いので、取り付けの自由度は高いのですが、1DINが空いていれば表示部は1/2DINサイズなので空きスペースにピッタリ入り、かつ2個並べて使用すれば丁度1DINが埋まります。(ステーは要工夫ですが)
Img_2166_2
上の画像は、2DINナビだったのでナビの上部にステーを追加して空中に横並びで設置したものです。
2個使用時の配線は、ECU配線にダブルがけでOKです。
2個使ってみたいけど、予算が・・・ という貴方。
期間限定ですが、ご相談にのります。
j-info@arkdesign.co.jpまでご連絡ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/02

ブースト・コントローラー

ブースト・コントロールのおさらい
現在アフターパーツメーカーから発売されているブースト・コントローラーはソレノイド・バルブを使用しているものが大半です。
ソレノイド・バルブは、ON-OFFのデューティー比を可変し流す空気量をコントロールします。
このコントロールされる空気量が、アクチェーターの作動圧になります。
従って、アクチェーターの能力によって大きく左右されます。(一番はターボチャージャーの性能によりますが)
アクチェーター作動圧の空気量を変化させて結果的に、ブーストをコントロールします。
アクチェーターの作動圧自体からはブーストを下げられないのもこの理由からです。
そして、この作動圧のコントロールの仕方は、各メーカーのアイディアが詰まっています。
先ず、大方は固定周波数でデューティー比を可変のタイプが一般的です。
エンジン回転同期など可変周波数で行うことも可能ではありますが、最終的な流量のコントロールが難しくなります。
従って、固定周波数を選択するのですがこの周波数をどの程度にするかがキモとなりますが、空気も多少粘性があるので、制御を緻密にしようとして周波数をあまり高く設定してしまうと、空気の流れが追従しなくなってしまうこともあり、またあまりに低いとレスポンスが悪化し、ある条件下にコントロール不能状態になります。
よってデューティー可変のアルゴリズムとあわせ各メーカーさんのノウハウとなります。
そして肝心のデューティー可変のアルゴリズムですが、ブースト値プリセット型と係数入力タイプ(弊社のABCはコレ)の2種類に大別されます。
プリセット型は、目標ブースト値を入力する(だけ)なので一見取り扱いが簡単そうですが、タービン自体のブーストの(立ち上がりの)変化により、デューティー比を合わせていかないとならないので、少なくともアクセル開度やエンジン回転、はたまたブースト変化の加速度などをパラメーターとして加えたくなります。
これらのいろいろな条件を、緻密に合わせこむことにより性能は発揮されますが、各パラメーターをどのように処理して最終的なコントロールに持っていくまでに各種計測器を使用したりなど多大な時間が必要となったり、汎用性がなくなってきます。
係数入力タイプも各社出ていますが、大方はブースト値に合わせてデューティー比を可変させていきますが、先に述べたように、ブーストそのもののコントロールではなく、アクチェーター作動圧のコントロールとなるため、係数に対してのデューティー比変化のさせかたのアルゴリズムも各社によって異なるかと思います。
弊社のABCは、極力簡単に使えるようにシンプルなアルゴリズムを採用し、目標ブースト値に対してホイールを回し係数を変化させていくだけです。
(昔の機械式VVCの感覚とある意味似ています。)
オーバー/アンダーシュートを調整するための、ゲイン調整もありますが、よほどのことが無い限り変更はしなくて良いかと思います。
設定は、A/Bの2種設定できますが、使用状況に合わせてご利用ください。
表示については、通常時はモニタモードとしてブースト値を表示していますが、ブースト設定時には別途のブースト計(弊社MFDなど)をご利用ください。
また、ブーストの数値表示の読み取りは走行中は困難な場合があると考え、表示部サイドにフルカラーでブースト値に対応した変化をするようにしています。(OFFにすることも可能)
出荷時には、1.0kPaで赤になるように設定されていますが可変させることも可能です。
また、白色発光のワーニング表示設定もでき、ワーニング値に合わせて2種の点滅(早/遅)ポイントを設定できます。
表示を常に見ていなくても、視界の片隅で色変化を認識することができます。
セグメントLEDは青と赤の2種類ありますが、どちらかと言うと赤数値表示の方が昼夜通して認識しやすいです。
細かい設定をせずに、なるべく使いやすくシンプルな設定を心がけました。
極端なハードチューニングには不適ですが、ちょっとブーストアップしてみたいと言う方には最適です。
Abcrst
上がABC 下がRST(簡易A/F表示)
たまに、お問合せ頂く内容
1.係数は目標ブースト値ですか?
  ◇係数は、あくまで係数で、数値自体に意味はありません。
   負荷をかけた状態で、アクセル全開時に目標ブースト値になるように係数を変化させてください。
2.添付にシールワッシャーが2種入っていますが?
  ◇どちらを使用しても構いませんが、白のフラットなタイプの方が使いやすいですが、ニップルねじ部にお手持ちのシールテープを使用する場合は、ワッシャは使用されなくて構いません。
3.ブーストがかかると、"カチカチ"又は"プシュプシュ"音がするのですが?
  ◇ソレノイドバルブの作動音またはそれに伴う空気の大気開放音です。
   気になるようであれば、取り付け場所をホースが届く範囲で音が気にならない場所に変更してください。
4."※※※車両名"なんですが、ブーストはいくつに設定したら良いですか?
  ◇車両の状況によってかわります。タービンの能力・燃料供給能力・プラグ番手等の諸条件によって一概にはきまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

レブシフトタイマーの問い合わせ

最近、レブシフトタイマーでよくいただくお問い合せですが、

1.RSTを、簡易A/F表示表示のみの取り付けはできますか?
 ●車両側のO2センサ-ECUの回路が生きていれば、電源と信号線の接続で表示可能です。詳細は、下図を参照ください。

Af2_3

   
2. 取り付けハーネスは?
 ●他社品でタイマー用として販売されている、接続が3Pコネクタの物をご使用下さい。
   当社では販売しておりません。

3. プッシュスタートの車両に使用できますか?
●残念ながら、使用不可です。
 プッシュスタート車においては、電源コントロール用のECUが制御しており、
 プッシュスタートボタンについては、単にスイッチとしての役目しかありません。
※詳細は省きますが、電源をおとす行程もそのECUによりコントロールされております。
故に個別の車両についてはドアの開閉などもみておりエンジン稼働のままキーをもって車両を離れると、警告音が鳴りっぱなしになる等もあります。
個別の車両の専用の物であれば、可能な物があるかもしれませんが、汎用のターボタイマー(他社も含め)では、キーシリンダー付きのタイプしか対応できません。

Pu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ