« 2018年7月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019/06/27

日雑記

#台風 #G20
各国首脳と共に台風参上。
大荒れ必須なのか、雨降って地固まる なのか。
無事に終われば良いけど、朝から大阪道路規制半端ないなぁ。
しかし関空か伊丹か神戸か知らんけど、飛行機降りられるのかね?

 

//////////////////////////////////////////////

 

#フランスGP

 

ラン・オフのカラーリングと、シケイン追加になったミストラルが特徴のポールリカール。
言わずとしれたパワーサーキットだが、低速・中高速コーナーもある抜きずらいサーキット。
ホンダのスペック3の真価が試される・・・。
と、淡い期待を抱いた人も少なくないはず。

 

結果は出ているので、多くは言うまいと思いつつ、、、。
サラっと見ると、大変な退屈したレースでした。
個々には、いろいろドラマもあったようですが、メルセデスが連勝街道ぶっちぎりです。
メルセデスの速さの秘訣は っても、プロがいろいろ見ててもコレと言ったアイテムもなく。

 

中継では、あまりにブッチだったので、画面になかなか登場しない。
たまに映るオンボードなどでも、スムースだなぁ ってくらい。
終盤の、もうタイヤ終わった~ のハミ無線からのファーステストラップ。
おいおい終わったはずのハードで、結局ファーステストとった新品ソフトのベッテルと大差ないタイム。
いやいや盤石すぎでしょ。

 

さて、われらがホンダ・スペック3は・・・。
いまいち良く判らんかった ってとこでしょうか。
トロ2台がスペック違いだったが、ケツから追いかけた分だけクビアトが ってとこか。
確かにパワーアップはそんなに無いとは言っていたが、、、

 

メルセデス、やっぱり中高速コーナーが速く、パワーもそこそこあるってところか。
カスタマーチームも基本同じエンジンの筈だけど、差は開く一方だしやっぱりシャーシかとも思う。
やっぱイカヒレと、カート・サスがミソなのか。
確かに、エンジンカウルもずいぶんスリムにはなったようだが。

 

アウトウォッシュを使いこなしていたレッドブルがシャーシーで勝てない。
簡素化されたフロントウイングで、フロアの使い方が変わってしまったか。
レーキを使う設計思想が相反するか。フェラーリはとうとう今季F1マシンのコンセプトの変更は断念とのアナウンス。
薄いトレッドのタイヤの温度管理も含め、水平セットとガチガチサスの方が相性良いのか。

 

ただまぁ、コーナー立ち上がりのリアのロール(サスが動くというより単にロールする感じ)がまるでリジッドアスクルの様。
レッドブルは、レーキ沈み込みからのグニュっとバンプしてからの立ち上がりの感じがする。
ガスリーにいたっては、スロットルが少しラフなのか、何かがおかしいのかスナップすること多しに見える。
フェラーリも少し同様に見えるが立ち上がってからのパワーが凄い。

 

下位カスタマーを立ち上がりで抜く時のクンと出るパワー感は、そうTS050の加速のようにも見える。
やっぱパワーだけじゃ勝てない。
しかし、マクの復調は・・・。メルせてセスのコピーが効いたか。
Bスペックの投入もなしに本家より早いし。

 

Q3のアタックのタッベンとノリスの比較動画が上がっていた。
結果これもほんの僅かな差しかなく、当初はトラクションの差かと思っていたが。
ん~立ち上がってからぐんぐん詰められる・・・。パワー差かなぁ。
ホンダさん、ちょっとコンサバ過ぎ?

さて早くも、今週末はA1リンク改めレッドブル・リンク。
ここの若干パワーサーキット。
唯一パーティーモードが無いホンダさん。
さてさて どうなることやら。

 

今回は、こんなところで。
でわ

| | コメント (0)

2019/06/26

日雑記

#MRJ
三菱スペースジェットに改名した上に、ボンバルディア買収。
改名は、意図は分かるがセンスないなぁ。
ボンバルは、エンプラに押されて各部門ばら売り。
インフラの相互利用も含めて、朗報かな?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#小田急
いよいよ唐木田と相模原がつながるらしい。
中間駅もできるらしい。
当方からは、相模原自体に用事ないし、新幹線乗る時くらい。
橋本で横浜線に乗った方がたぶん早いし、あまりメリットない。
まぁ米軍から土地が還ってきたかららしいが、リニアの橋本駅との関連付けはちょっと厳しいのでは?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#東八道路
中途半端に終わる東端だったが、一瞬人見街道と接して、新たに玉川上水脇の新道につながり甲州街道につながる様。
やっぱり、真っすぐはムリだったようだ。
渋滞必須箇所の流れがどう変わるのか?
そのうち、通ってみよう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#蓮田SA
工事中を見かけたが、現在の上りSAの移転らしい。
駐車マスは現状の約3倍、商業施設は約2倍。最終的には、インターもできるかも。
東北からのお帰り時に、都内突入の手前で一息つくには良い場所なのかな。
しかし広くなっても、相変わらずEV用急速充電器は1台のみってか・・・。

今日は、こんなところで
でわ

| | コメント (0)

2019/06/25

日雑記

G20は、いろいろ大変そう。
咲州の住人たちは、今日本で一番安全なトコロ! なんて、実に大阪らしい。
一部では、大阪府警のシュールな動画がバスっているらしい。
https://www.police.pref.osaka.lg.jp/sogo/oshirase/4/9/koho00/8986.html
東京でも一部そうらしいが、京都駅のロッカーも使用禁止になっていた。

Fukei

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日は、地震2連発でした。
関西ではニュースのみで揺れもしなかったが、千葉はフォッサマグナの南側の東端部。
伊豆は言わずと知れたフィリピン海プレートの先端の真ん中。
プレートの際はやっぱり地震多い。
各プレート同志が誘発しないように祈るのみ・・・。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

相変わらず、高齢者の事故のニュース。
けど、高齢者ばかりではない。
また、プリウス・ミサイル以外にもミサイルはあるようだ。
後付けの加速抑制装置が、トヨタとダイハツから販売されている。
レーダーとアクセル開度(?)の組み合わせ。
スロコン改だけだと、アクセルの踏み方(加速度)か絶対開度閾値で、スロットルを閉じてしまう方法ならできるけど、、、。
以前商品で、アクセル操作の加速度でブザーを鳴らすように(当時はエコ対策)したんだが、使えるようなそうでもないような感じでした。
低速トルクがある車両ならいいんだけど、小排気量のCVT車だと瞬間それなりに踏み込まないと、周りの動きに合わせられない。
(他車が居ない閑散道路でのんびり走ればOKなんだけどね)
結局、煩くてネ・・・。
あと、GRBの当初のSiドライブは、何度も事故るか と思ったくらい、踏み始めの反応が無くて困ったことが多々。
まぁ、アクセル操作だけで判断し制御するのは、ちょっと怖い。
だいたいからして、こういう事故を起こす輩は、全部機械が悪いと言い張るので、そうでないと証明するのは作り手側になるのでちょっとリスク高杉くんかな。
車自体が良くなってるんだから、暴論かも知れないけど、不安を感じるのであれば最新車型に乗り換えるべし。
費用が掛かるからムリとかいうのであれば、免許制度で強制にするか、補助金出すか、自動車税倍額にすれば~ とも思う今日この頃。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

関西は、関東より連日天気よく、パラパラと降ることもあったが洗濯日和(?)の日々、ちょっと蒸し暑かったんだが、まだ梅雨入りせず。
京都駅は、インバウンドのお客様ばかり。
地域も、観光で喰ってるので仕方ないが・・・
先斗町も木屋町も、風情が無いねぇ。。。

Dscn0710

今日は、こんなところで
では。

| | コメント (0)

ブーストコントローラー ショートパーツ

弊社ABC(アドバンスド・ブースト・コントローラー)、ご愛顧いただきありがとうございます。

昨今、新規のターボ車も減りつつありますが、今回ツインターボ車や三菱車用に、必要な3Wayや変換ジョイントをセットにしました。

また、本体の取説にはない、該当の配管参考図も併せてセットしています。

車種によっては、使用しないものもあると思いますが、一通りどんな車種でも不足無い内容としました。

(※ ホースは入っていませんので、お好みの物を別途用意してください。)

ABC OPTION Part's   Part No.:01-0002X-00 価格:¥3,250(税抜き) ※車型対応説明書付き 

Abcopt1

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年7月 »