« 2019年7月 | トップページ

2019年8月

2019/08/22

ちょいと涼みに

急に少しばかり涼しくなりました。
ぐずった天気も少しばかり太陽を遮るのも効いているか。
洗濯物の乾きだけが難点。
既に秋雨前線?
突発雨と雷だけはちょっと勘弁。

 

庶民の季節物のサンマが取れない。
これだけ海水温がいつもと違うと、違うところに行ってしまったか。
それとも、某国に一切合切持っていかれたか?
まだ四季はあるが、子供の頃とはずいぶん違うような気がする。
やっぱり何かが狂ってきているのか。

 

少し前から、アオリ運転と言う言葉が、いろんなところで飛び交っている。
BMWのカップルさんは捕まったけど、他にもいろいろ湧いているよう。
ただまぁ、きっかけがあるはずなんだがそこんとこは何もないねぇ。
あるWeb記事では、無用なトラブルを引き起こさないようにって記事もあったが。
追い越し車線と走行車線との区別のない人、後ろ見てない人も多すぎ。
せめて追いつかれたら、避けましょうね。

 

夏の甲子園も、本日決勝。
春の雪辱を晴らした大阪大表おめでとう。
いい試合だったよう。
いろいろとグラウンド外でのネタが多かったが、無事に終わった様でなにより。

 

先日、涼みに行ってみた。
まぁ馴染みの滝を見に久々に。
足のどぶ付け。
前日の雨のおかげで、水量多くいつもより迫力あり かな。
P8200062P8200052P8200030P8200007

 

ぼちぼち夏も終わりでしょうかね。
蝉の声も心なしか勢いがなくなったような気もする。
曇天続きですが、各地では運動原則中止の防災速報もあり油断は禁物。
・・・やっぱりエアコンはまだ止められない・・・。

 

ではでわ。

| | コメント (0)

2019/08/18

本日は晴天なり 

熱中症じゃないかと思うほど、作業が遅い。
いや、体が重い。
数か月前のディラー丸投げの車検時に、タイロッドのブーツのヒビの指摘があり、部品だけお願いしてた。
やっと、作業。初めての体験・・だが なんとかなるだろう。

 

ガレージジャッキかけてあげる最中にグニュっとした・・・。
うーん、タイヤ?の樹脂が・・・。
Img_0409 まぁ長年使っているが、こんなになるのか。
とりあえずこのまま作業を進める。
作業自体は特に難しくもなく、ブーツも外のヒビだけで内部グリスは通常(?)の劣化のみ。

 

しかし、電動パワステってハブからはステアできないのね・・・。
だから、なんかフィーリングちょっと変なのかネ。
タイヤ交換程度じゃステア切らないし、知らなかったワ。

 

まぁソンなコンダで、ついでに4輪増し締めとエアチェック。
まぁちゃんと締まっていたし、エアも入っていた。
が、なぜかエアが少なく見えるタイヤのつぶれ。
超扁平タイヤの見過ぎか・・・・。

 

いやぁ 体ダルイわ。
水分とって、作業はおしまいにしよう。

 

蝉の亡骸が、あちこちに目立つようになった今日この頃ですが、今年は、メダカ産卵数が少ない。
雌が少なくなったのか。
先日来よりの3匹以上増えない。
知らぬ間に、産み落とされてしまったか?
Dsc_0084

 

血が濃くなりすぎってのもあるかな。
他所より、嫁に来てもらおうか。
あまり増えすぎるのも、なんなんだが。
余りにも少ないのも、ちょっと寂しい。
人間とは、なんと我儘なんだろうネェ。

 

さて、話はブットンで昨今の隣国関係。
各局帯の報道番組は見たけど、一時の日本叩き(?!)のトーンはずいぶん薄くなった。
が半面、コメントもずいぶん薄くなり、締めも無加工が透けて見えるほど薄い。。。
まぁ米中や含んでの香・台との関係と例のイランの問題、印パも中の影。
NKは、飛翔体バンバンだし。

 

EU-イギリス-スコットランドの各独立運動も、いったいどうなるのか。
ロシアは・・・密かに軍備拡張中? 北方4島問題は相変わらず(よほどのことが無いと返す気なんぞサラサラ無いようにはみえるがネ)。
これら以外にも、つばぜり合いや紛争などメディアから出てこないものも沢山あるんだろうな。
宗教に寛容であり、国境線が海ってことの地勢的なありがたみが、しみじみと。

 

高校野球は、今日が準々決勝。
夏休みも残2週間。宿題やったかぁ~
 (誰に向かって?)
酷暑も今秋までらしいが、残暑は厳しいらしい。
(なんかよーわからんが)

 

ではでわ。

| | コメント (0)

2019/08/16

諸雑感

74回目が終わった。
下界に降りた魂は、今日ナスビに乗って帰ると言われている。
子孫に引き継ぐべき記憶ではあろうが、年月とともに薄れていくのは仕方がないか。
令和時代の子供たちにいかに伝えていくか、いや 伝わっていくのだろうか。

関東でも大雨強風に見舞われたが、直撃を受けた地域の情報が少ない。
何事もなかったわけではあるまいが。
鎮魂の意味もあるという夜空を彩る花火大会。
昨夜の諏訪湖の花火は煙が適度に流れ夜空に映えていた。
今日は、五山の送り火。中止にならなくてよかったね。

台風と言えばいつも思うのだが、公共交通機関の判断がはやくなり、無為な混乱や事故は少なくなった気がするが、何故に止まると分かっていて出かけてしまうのかが良く判らない。
なんとかなると思っているんだろうか?
予定はずいぶん前から組んでいたのだろうが、にしても報道の仕方もあるんだろうけど、止まっているからと言って文句言うな と思う。
困るのが分かってて、出かけてるんじゃないの?と毎年、毎回思う。

にしても、この天気。
やっぱり何か変だと思う。
局地的な集中豪雨。もうちょっと万遍無く振ってくれると嬉しいんだが。
単に大きな気候変動可とは思うんだけど、暑さ倍増だけは勘弁してほしい。
北陸東北は40℃なんて数字が踊ってる。
まぁ氷河期よりは良いのかも知れぬが。

高校球児たちも大変だが、やっぱり心配なのは次年度のオリンピック。
各国の競技者・観戦者が湿気と気温に耐えられるのか?
外での運動原則中止のアラームがピコピコと鳴る朝から暑いこの季節に、屋外競技は耐えられるのかネェ。
もはや金かかかりすぎの商業競技会となってる以上は、仕方ないのかねぇ?

さて、今週はレースは、モテギでのSFとF3と2輪の全日本。2&4みたいですな。
一応、日本のトップカテゴリの集結なんだが、個人的に応援してるとかが無いと、なかなかね見ないね。
SFなんかF1登竜門で、有望外国人も走っているのだが、いまいちマイナーかな。
来週は、WRCがドイチェランド、MotoGPがシルバーストーン。
鈴鹿で10H。ミカちゃんが久々に走るらしい。名前は知ってる外人ドライバーもGT現役ドライバーもチラホラ。
GT3の彩演だが、33台中日本車はNSXとGTRが4台づつ。レクサスはナシ。
インターコンチのシリーズなので、海外勢と日本勢の戦いも見もの。
8耐はローカリーな方がオーバーオールだが、4輪では?(昨年はインターコンチ組の圧勝)

なかなか作業が進まない。
まぁソレ用既製品の取り付けじゃないんで、そんなものだろうがアイディアの具現化のアイディアや発想や実際の作業がどうもうまくない。
とりあえず検討用にバラしちゃったから、なんとか走れるようにはするつもりだが・・・。

さてとってところで
ではでわ。

| | コメント (0)

2019/08/10

今回は、多事雑感

いろいろと問題提議されている高校野球も、今日で一回戦が終了する。
ちっとも見てはいないのだが、大人たちの喧騒を他所に、それぞれにその時のドラマを味わってもらいたいなぁ と。
スポーツととるか今や国技と言っても良いと思う高校野球-甲子園。
皆がプロに行けて大成するわけじゃない と思うんだがネ。

 

暑さ厳しい中、帰省ラッシュが始まった様。台風付きである。
でも意外と、JARTIC見ると赤線が思ったより少ない気がする。
行ったはいいが、帰ってこれない様にならないことを祈っております。
皆様、お気付けて。

 

一時話題の某興行主は、いろいろと対応打ち出したが、サラリーマンになっていいのか?
まぁ面白きゃいいけどネ。サラリーマン芸人が普通になっちゃうのかね?
もうずいぶん前に引退した上岡龍太郎氏が30年前のパペポ(深夜TV)でのピントークで語った内容が秀逸。
今の時代には決して言わない(言えない)コメントを紫煙を燻らせながら語っている。
本質っちゃホンシツじゃなかろうか。

 

さて、今週はスマイル・シンデレラなるヒロインが誕生したり、あっと驚く官邸での出来ちゃった婚の発表。
おかしな、不自由な~の展示会が話題になったりしておりますが、政治・外交では混沌と。
米中の経済戦争。韓国の???のいろんな動き、構ってもらえない某国は飛翔体バンバンぶっ放したり。
広島・長崎から74年もたつと、いろいろ世の中のパワーバランスも変わってくる。

 

また、日本にとっても命綱のホルムズ海峡問題。
ややこしいことになってます。輸出規制だぁ~ どころの話じゃない。
英国が特にややこしい状況になっているのだが、アメリカ発の有志連合。
まぁ自分ちの船は自分ちで守りなさいと。
海上警備行動も、イランとの関係を悪くしたくない日本としては悩ましいし、各国も悩み中。
けんど中国が前向き検討らしい。よっしゃー って出てきたらどうすんだろ。

 

そんな中、原子力はベース電源として一番なのだが、日本では現況のとおり。
風力や太陽光は増えてはきているが、天候に左右され過ぎて、ちと不安定。
で、発電に限れば、現状はLNGが4割弱でなんと石炭が3割程度。
残りの3割を水力や石油や新再エネや原子力で賄っている。
石炭が意外と多いのにちょっとびっくりだが、いまでは大半を輸入しているらしい。
日本でもそれなりの埋蔵量はあるらしいが、大規模露天掘りにはコスト面でかなわなくなったらしい。

 

将来に、ほぼ輸入100パーの石油に頼らなくても良い技術があるらしい。
今では、温暖化の筆頭イメージの石炭。
IGCCとIGFCと言うらしいが、日本語で書くと、CO2分離・回収型石炭ガス化複合発電と石炭ガス化燃料電池複合発電と言うらしい。
その過程のガス化で水素が発生するらしく、科学反応での発電と残りでガスタービンを回しその排熱で蒸気タービンを回すらしく一粒で3度おいしいシステムらしい。世界初の技術らしい。
発生する、有害物質もずいぶん抑えられるらしい。
今の時代に合わせた掘削技術があれば、夕張も復活するか。
輸入に頼らなくても良いのが良い。

 

まだ、実証事業が始まったばかりらしいが、調達の問題や喫緊の温暖化の問題の対策に大きな期待。
大阪万博のころには実証試験が始まっている予定。
前回から約40年。たった40年でいろいろ変わった。
一世帯当たりの電力消費は倍以上になったらしい。
3.11がなければ、3倍くらいになっていたかも。
世界の潮流のEVだって、充電しなければ1メーターも走らない。
今の時代は、電気がなければ・・・。

 

今回は、ちょっと堅い話になってしまった。
まぁ、タマには良いだろう。
F1もサマーブレイクでお休み。
と、言っても月末にはスパで後半戦スタート。
motoGPはオーストリア。
こちらは休みなしか。

 

さて、来週からマシンのお悪戯開始予定。
部材も一部まだ届いてないが、まあいっぺんにはできないので。
ボチボチ進めましょう。

 

ではでわ
Img_0396

 

 

| | コメント (0)

2019/08/08

Heavy rain

ナラシと言う名の、ツーリング。

暑いのは分かっていたが、山間部でも暑かったワ。

 

朝少しばかり早起きで、高速代ケチって高尾まで下道で。。。

今回はスマホナビ電源付きと車載映像取るべく4輪用ドラレコ無理やり搭載したのだが、、、

高速乗って少ししたら、ドラレコが逝った。

Dscn0758

どうもSDスロットが振動に耐えかねた様。(SDカードは生きてた・・良かった)

スマホは、どうもナビ使ってると充電が追い付かない・・・。(ググると、それがデフォらしい)

ってことで、今回投入品ことごとく・・・。

 

諏訪南まで淡々とタンタンと・・・。

250だと機種にもよるんだろうけど、80-90キロくらいがエンジンも呻らずギリ クルージング。

けど、車や排気量のデカいバイクにバンバン抜かれる。

ひたすらトラックの後ろ車間空けて付いていくのが宜しいが、当然前方景色は望めず。

途中数か所PAへ寄るが、さすが平日バイクは少ない。けどアンダー750は見かけず。

さて、諏訪南降りてメルヘン街道に合流まで北上。

コンビニでGSの場所教えていただき、無事給油。満タンで300キロ走ればよいかってとこ(14リッタータンク)。

さて、メルヘンしましょ。

Dscn0760

Dscn0761

暑いやね。。。

なんかスンゴイ別荘地を通り過ぎで、皆様おなじみのこの看板。

Dscn0762

結構標高高いはずだが暑い・・・。

標高が100m高くなると、気温が0.6℃下がる 筈だが・・・。

ここから下りですね。少し涼しくなったかナ。

八千穂スキー場の入り口のレストハウスふるさと さんで休憩。

Dscn0764

当時(わたスキのころ)も通った筈だが、覚え無し(まぁ一面雪景色だったし)

で、ここからミスコース(別にイベントじゃないので誰も困らないが)。

早くもメルヘンから外れてしまった。(いろいろ思い当たるフシあり・・・?)

どうも124に行ってしまったらしい。どおりであまりメルヘンじゃないなぁ と。

途中、祠があったので休憩。

Dscn0768

かつて何かがあったのだろうか?

道は相割らず狭い。車だと、対向車にドキドキのパターン。

Dscn0770

でもちょっと涼しい。ありがたい。

途中、当方同名の川?発見。

Img_0379_20190808180801

そんなこんだで、途中299に合流。

カリントウ購入すべく店まで行くも、誰もいない。

ドアは開いてて、商品もある。一時待っていたが、誰も現れず・・・暑さに負けて退散。

手前の道の駅に寄ればよかった。

どっちにしても、なぜかバッグは雨具と工具で一杯なので、かさばっても困るので良しとしよう。

途中、川の駅なるところで休憩。

Img_0382

相変わらず暑い。

ここからは、帰りの時間を見ながら調整。

小鹿野あたりで再びミスコース。

なんとかスマホ再起動で確認し、一路秩父へ。

ここらあたりから、雲がヤバイ感じ。

で、雁坂トンネル手前で、雷バリバリ雨がドシャンと。

仕方なく、木陰で急いで合羽装着。

トンネル抜けたら、アレ?さっきの豪雨は? う~アヅイ・・・。

道の駅で着替えるが、雷は相変わらず。

大菩薩回る予定だったが、時間と雨と雷にビビり、フルーツラインで勝沼を目指す。

途中、セローのカップル(?)発見。同型車種でおソロのウェア・・・ちょっとウラヤマシ。。。

なんてったら、雨が再び。

今度は、止むかなぁの期待でそのまま行ってみるが、、、、ちゃんと降ってきた。それも結構ガチで。

カッパ着るにはすでに濡れすぎ。強行突破だぁ。

高速がやたら渋滞情報。

大雨で高速は、過去の恐怖シーンが脳裏に出現。

時間無視して、下道で帰ろう。

途中GSで安心給油。

さてと思いきや、いきなり停電し、給油機ブラックアウト。

雨宿りも兼ねて、まぁイイカ。

しばらくして再起動。windowsの起動画面でて ちょっとワロタ。

さて出発と思ったら、再び雨が・・・。それも豪雨、冠水鋳掛の箇所も。

どうも雨雲追いかけているよう。

で帰りは、画像は無し。とてもとても・・・。

大垂水も淡々と、ずぶ濡れで。

で無事帰着。おおよそ450キロの旅でした。

先日来からのトータルで、600キロ。

せっかくなので、初回点検出してみよう。

Photo_20190808185601

 

MT25インプレ

まずは、今回のような場合はあまり向いていない。(たぶんVストあたりが良いのでしょうが)

ポジションが、どうしても手で支える場面多く、ちょっとしんどい。

やはりステップと座面が近すぎて膝が曲がりすぎてちょっと辛い。

エンジンは、状況によっては3-4000あたりで流すと、ツインらしくバタバタと鼓動を感じて走れるが、開けても付いてこない。

60キロくらいまでだと、FTR223の方がラクなような気がするが、足が短すぎて遠乗りする気にならないのが難点。

帰りの高速で、ちょっとタコの残り半分使ってみるかとおもっていたけど、状況断念。

ホントは回してなんぼの機種なんだろうな。

全般には軽くてサイズ的には体力的にも、ちょうど良いかも。

まぁ見た目の押し出しには欠けるが。

これから、ちょっとモデファイしてみよう。

どんな姿になるんでしょうか。

 

ってことで今回はここまで。

長文読破、ご苦労様です。

ありがとうございます。

 

ではでわ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/08/05

in Casino Hungaroring

抜けないはずのハンガロリンク。
レースとしては上質だった。
水を差すような、リセットもかからず。。。
惜しむべくは、2位。。。

 

最年少ポールから一夜明けての雨も気温の心配がなくなってしまったハンガロリンク。
1コーナーまでの丁度500メーター足らずのドラッグスタートを決めるのは?
今回は、良いスタート。
1コーナーほぼ3ワイドで突入も、何事もなく通過・・・。
メルセデスのつばぜり合の結果、ボッタスが割を食い、立ち上がりが鈍ったところで、ルクレールにフロントウイングを踏まれる。
結果的には、これが今回レースのギャンブル要素を作り出した最大のポイントだったような気がする。

 

フェルスタッペンが逃げるが、ハミルトンのみが2秒前後で追走。
しかし、その2秒のおかけで、ハミルトンのウインドが開かないうちに、フェルスタッペンがHにチェンジ。
やっと6周遅れでハミルトンもHへ。
その間、フェルスタッペンとの差が6程度に開く。
しかし、ハミルトンが驚異のベースアップ。
マックスは6周分のタイヤマネジメントせねばならない。

 

2位ハミルトンもレースディスタンス折り返し時点で3位以下とはフリーストップができる程の差が。
ぉお~いフェラーリどうした?
一旦ハミルトン、マックスに勝負仕掛けるが抑えられる。
ドラフト内では、ブレーキのウェアに不安要素があるようだ。
同じ土俵では抑え込まれるハミルトンのラジオ"なんか出来ることない?"

 

ここで、メルセデスか゜ベット・イン。
失うものが無いポジション。(フリーストップOKの2位以上確定)
新品Mに、奇襲のピットイン。
さすがのレッドブルも為す術ナシ。
外したHのウェアチェックした結果のラジオが飛ぶ"マックスのタイヤは最後まで持たない"

 

ハミルトンの怒涛の追い上げ。
20数秒が一気に縮まる。
そして、マックスのタイヤは終焉を迎えトラクションを失う。
残り3ラップでハミルトンがパス。
マックスは、無駄な抵抗をせず、直後Sに履き替えで、ファーステスト狙いに。

 

余計な茶々が入らず、ハプニングなしのクリーンなレースらしいレースでした。
まぁ先週は、あまりにドタバタすぎたが・・・
遡りタラれば。
最後は維持で3位ポディウムのベッテルが、こんなに離されずについてきていたら、、、
ガスリーが壁になるくらい速かったら(今回に限らないが)、、、
ボッタスがウイング踏まれていなかったら、、、

 

マックスもそりゃ勝ちたかっただろうけど、冷静に得られる最大の結果を持ち帰り、
ハミルトンも久々に汗をかき、純粋にレースしいつもより静かに勝利を味わっていたように見え、
ベッテルも久々ポディウムなれど、レッドブル、メルセデスに完全に置いてきぼり喰ってしまった事でのモヤモヤ。
けど、スーツの色がみんな違うってのはイイネ。

 

夏休み明けの後半戦は、パワーサーキットが続き、鈴鹿もある。
今回、マシン+PUではメルセデスとガチンコ勝負ができた。
パワーだけなら、フェラーリがいまだに一番。
ホンダのスペック4に対する期待がどんどん必要以上に膨らむ。

 

今回は、ハミルトンの野性の勘と勝負強さ、メルセデスの冷静なギャンブルがバッチリハマった結果でした。
ホンダが元気になると、レース全体が面白くなる。
抜けないはずのサーキットでの、いろんなタイプのレース展開。
いやいや なんだか面白くなってきた。
この調子でいくと、鈴鹿 もの凄く盛り上がっちゃうんだろうなぁ~

 

浮く沈みの激しいトロロッソのアルボンもポイントゲットしたよう。
ちょっと勢力争いの構図が変わった かな。
おっと、タナックさん4勝目したよう。
こちらもチャンピオンシップが楽しみです。

 

今回は、こんなところで
ではでわ。

8051

| | コメント (0)

2019/08/02

今どきの・・・

商売ネタでも考えるべく、投入。
カスタマイズ前提なので、いろいろ悩んだ挙句初めてのヤマハ車。
色は派手目が良いかと思ったが、ホイールのみ派手。。。
流行りの定番レトロフイット系かとも思ったが、タンクとシートの段差が大きくどうもイメージがつかない。
なんてイロイロ考え中。

 

でもって、ナラシくらいやろうかと、ちょっと150キロほど走ってきた。
年も年だし、そんなに早くなくても良いし、車検ない方がいろいろイイカと思って250にしたのだが、、、、
納車引き取り時に、まずはエンストからのお付き合い。。。
FTR(223の方)よりも、低速トルクが無い。
アイドルちょいでリリースすると、FTRはポンと出るが、今回の2発はストールしてしまう。
良く見ると、タコメーターが15000まであり、3000以下は・・・。

 

ちょいと回転高め(2000くらいか)で繋ぐとまぁ普通に出るんだがネ。
回せば排気音からもパワーが出てくる様だが、半分しか回らなくて良いので、低速トルクが欲しい。
出来たら180度クランクで。
R25と基本共通なので、仕方のないことか?
兄貴分たちとは、コンセプトが異なるようだ。

 

ネイキッドだが、ポジションはかなり前のめり。
セパハンよりは随分ましなんだろうけど、前にずってくるシート座面と相まって、鼠径部が刺激されるし、ケツよりも尾てい骨にくる。
血気盛んな方たちには良いポジションかも知れぬが、マッタリと走るには、エンジン特性と併せてちょいとアンマッチ。
マシン選択が間違ってる? のだろうが、仕方ない。
そういう意味では、90年代マシンの方が良かったナァ。

 

エンジンパーツは作れんので、ポジションでなんとかするかと、思案中。
まぁ、ちょっと峠だと、今で良いんだけどね。
けど、ちょっとシートとステップが近すぎて、膝曲がりすぎ。
疲れるし、信号待ちでふくらはぎにステップが当たる。
足つきは現状両足ベタで、取り回しはラクなんだが、走っているとちょっと窮屈。
立ちごけ覚悟で、シート高上げてみるかネ。

 

あと、今回はホルダーのみFTRから移植してナビに使用。
けれど、4輪含めてナビに頼りだしてからは、道を覚えてない。
スマホのバッテリーがすでに弱っているせいか、すぐにアボーン。
途中からただの黒い板に変貌。
ナビなんぞイラン って方も、いらっしゃるが、頭のキャパと記憶力の問題でアタシには必要不可欠ナリ。
ってことで、ホルダーとUSB電源は必需だなぁ。
8022

どうも軟弱になった感、大アリだが、年に免じて頂こう。(誰に対して?)
とりあえず、もうちょっと距離出してから、せめて初回点検は受けてみようかと。
来週あたり、プチじゃなくて1DAYツーでも行ってみよう。

 

さてと、今週は夏休み前最終のハンガリー。
低速コーナー多しで、メルセデス有利のオッズだが、やっぱりホンダPU勢がどこまで?ってのがネ。
そう、フィンランドではWRC。トヨタが2-3-6で調子良さそう。
インディが2022からハイブリッド投入とのこと。
時代かなぁ。回生充電のみらしいのでF1よりはシンプル。
ホンダはF1等などの蓄積があるからいいけど、シボレーさん大丈夫?
トヨタさんWECスライドでユニット供給?したりして。

 

ってところで、今回はおしまい。
ではでわ。

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ