« in Casino Hungaroring | トップページ | 今回は、多事雑感 »

2019/08/08

Heavy rain

ナラシと言う名の、ツーリング。

暑いのは分かっていたが、山間部でも暑かったワ。

 

朝少しばかり早起きで、高速代ケチって高尾まで下道で。。。

今回はスマホナビ電源付きと車載映像取るべく4輪用ドラレコ無理やり搭載したのだが、、、

高速乗って少ししたら、ドラレコが逝った。

Dscn0758

どうもSDスロットが振動に耐えかねた様。(SDカードは生きてた・・良かった)

スマホは、どうもナビ使ってると充電が追い付かない・・・。(ググると、それがデフォらしい)

ってことで、今回投入品ことごとく・・・。

 

諏訪南まで淡々とタンタンと・・・。

250だと機種にもよるんだろうけど、80-90キロくらいがエンジンも呻らずギリ クルージング。

けど、車や排気量のデカいバイクにバンバン抜かれる。

ひたすらトラックの後ろ車間空けて付いていくのが宜しいが、当然前方景色は望めず。

途中数か所PAへ寄るが、さすが平日バイクは少ない。けどアンダー750は見かけず。

さて、諏訪南降りてメルヘン街道に合流まで北上。

コンビニでGSの場所教えていただき、無事給油。満タンで300キロ走ればよいかってとこ(14リッタータンク)。

さて、メルヘンしましょ。

Dscn0760

Dscn0761

暑いやね。。。

なんかスンゴイ別荘地を通り過ぎで、皆様おなじみのこの看板。

Dscn0762

結構標高高いはずだが暑い・・・。

標高が100m高くなると、気温が0.6℃下がる 筈だが・・・。

ここから下りですね。少し涼しくなったかナ。

八千穂スキー場の入り口のレストハウスふるさと さんで休憩。

Dscn0764

当時(わたスキのころ)も通った筈だが、覚え無し(まぁ一面雪景色だったし)

で、ここからミスコース(別にイベントじゃないので誰も困らないが)。

早くもメルヘンから外れてしまった。(いろいろ思い当たるフシあり・・・?)

どうも124に行ってしまったらしい。どおりであまりメルヘンじゃないなぁ と。

途中、祠があったので休憩。

Dscn0768

かつて何かがあったのだろうか?

道は相割らず狭い。車だと、対向車にドキドキのパターン。

Dscn0770

でもちょっと涼しい。ありがたい。

途中、当方同名の川?発見。

Img_0379_20190808180801

そんなこんだで、途中299に合流。

カリントウ購入すべく店まで行くも、誰もいない。

ドアは開いてて、商品もある。一時待っていたが、誰も現れず・・・暑さに負けて退散。

手前の道の駅に寄ればよかった。

どっちにしても、なぜかバッグは雨具と工具で一杯なので、かさばっても困るので良しとしよう。

途中、川の駅なるところで休憩。

Img_0382

相変わらず暑い。

ここからは、帰りの時間を見ながら調整。

小鹿野あたりで再びミスコース。

なんとかスマホ再起動で確認し、一路秩父へ。

ここらあたりから、雲がヤバイ感じ。

で、雁坂トンネル手前で、雷バリバリ雨がドシャンと。

仕方なく、木陰で急いで合羽装着。

トンネル抜けたら、アレ?さっきの豪雨は? う~アヅイ・・・。

道の駅で着替えるが、雷は相変わらず。

大菩薩回る予定だったが、時間と雨と雷にビビり、フルーツラインで勝沼を目指す。

途中、セローのカップル(?)発見。同型車種でおソロのウェア・・・ちょっとウラヤマシ。。。

なんてったら、雨が再び。

今度は、止むかなぁの期待でそのまま行ってみるが、、、、ちゃんと降ってきた。それも結構ガチで。

カッパ着るにはすでに濡れすぎ。強行突破だぁ。

高速がやたら渋滞情報。

大雨で高速は、過去の恐怖シーンが脳裏に出現。

時間無視して、下道で帰ろう。

途中GSで安心給油。

さてと思いきや、いきなり停電し、給油機ブラックアウト。

雨宿りも兼ねて、まぁイイカ。

しばらくして再起動。windowsの起動画面でて ちょっとワロタ。

さて出発と思ったら、再び雨が・・・。それも豪雨、冠水鋳掛の箇所も。

どうも雨雲追いかけているよう。

で帰りは、画像は無し。とてもとても・・・。

大垂水も淡々と、ずぶ濡れで。

で無事帰着。おおよそ450キロの旅でした。

先日来からのトータルで、600キロ。

せっかくなので、初回点検出してみよう。

Photo_20190808185601

 

MT25インプレ

まずは、今回のような場合はあまり向いていない。(たぶんVストあたりが良いのでしょうが)

ポジションが、どうしても手で支える場面多く、ちょっとしんどい。

やはりステップと座面が近すぎて膝が曲がりすぎてちょっと辛い。

エンジンは、状況によっては3-4000あたりで流すと、ツインらしくバタバタと鼓動を感じて走れるが、開けても付いてこない。

60キロくらいまでだと、FTR223の方がラクなような気がするが、足が短すぎて遠乗りする気にならないのが難点。

帰りの高速で、ちょっとタコの残り半分使ってみるかとおもっていたけど、状況断念。

ホントは回してなんぼの機種なんだろうな。

全般には軽くてサイズ的には体力的にも、ちょうど良いかも。

まぁ見た目の押し出しには欠けるが。

これから、ちょっとモデファイしてみよう。

どんな姿になるんでしょうか。

 

ってことで今回はここまで。

長文読破、ご苦労様です。

ありがとうございます。

 

ではでわ。

 

 

 

 

 

|

« in Casino Hungaroring | トップページ | 今回は、多事雑感 »

日雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« in Casino Hungaroring | トップページ | 今回は、多事雑感 »