« 標高80m | トップページ | EVとF1と »

2019/11/13

ニュースの摘まみ

打ち上げから5年。
ハヤブサ2は、帰路に就いたようです。
帰りはスイングバイも必要ないためか、僅か1年足らずで戻ってくるようです。
八百万の神々を信仰するDNAでは、どうぞ無事に と言う願いでいっぱいです。
201911130129さよならリュウグウ

 

オーストラリアで森林火災が大変な様子。
おかげでWRCの最終戦はキャンセルになり、ヒュンダイがコンスト・チャンプに。
しかし、以前にもあった大規模火災。
現代の技術をもってしても、防げないものかね?
欧州では、水の都ベネチアが水浸しらしい。
高潮に大雨が重なったらしいが、こちらは塩水含みらしく跡が大変そう。
温暖化も一因なのかなぁ。
シロッコなんぞ、VWが使わなくなって久々に聞いた。

 

トヨタ(Gr)が売り上げを伸ばし収益改善をはたした中、日産はルノー路線にのっかり失敗か。
大幅減益し、ホンダはちょっとオウンゴール的な失策が・・・。
マツダはCI刷新のためのこらえ時か。
最近ニュースの少ない三菱は地道にコツコツと?やってたらしく、営業増益はあったよう。
経営トップは変わったものの、技術の日産は復活するのかなぁ。

 

 

さて、今週はインテルラゴス。
来シーズンのドライバーもクビサの後釜除いては決まった様。
レッドブル/トロロッソ-ホンダは、現状ママ。
安定のレギュ変更なしの2020は、ちょっと楽しみです。

 

先週末からのEICMAでは、魅力的なバイクがたくさん。
アドベンチャー/ツアラー系が多かったようですが、やっぱりビモータ。
数十年前のカフェブームのハシリ。
HB1のバックスキンのシートに憧れたものです。
カワサキと組んだtesiH2 ちょっとグロい気もするが、ハブステア健在です。
量産車ではCBR1000RR-RっていくつRを付ければッて気もするが、SBKで巻き返しなるか?
Tesih22020-honda-cbr1000rrr-fireblade

アドベンチャーツアー系は、モーターショーでも跨ってきたトレーサーの2020仕様700がスリムで良い感じ。
写真見ると、2代目TDMみたいに見えるけど。。。
あとスズキのBIG-DRが復活?のVスト1100.相変わらずの嘴いいね と思ったらデザイナー一緒だって。
ショーモデル?のCB4Xも良い感じ。
ヨン・フォアに憧れた世代としては、このエキマニの並びはタマランね。

2020yamahamt07trtracer-700111111_cb4x_img_8288680x454

 

EVもチラホラ。
カワサキがカセット ポンで、バッテリー交換のパテント出していたが、なんとキムコが市販車レベルで
展示していたよう。個体電池とインフラが整えば、ある意味アリかも知れない・・・ と思っていたら、台湾ではすでに のインフラがある様で。。。
Evproject_1_img_8326 Kymco-revonex_09

 

これは、また次回にしよう。
今回はこの辺で。

 

ではでわ。

|

« 標高80m | トップページ | EVとF1と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 標高80m | トップページ | EVとF1と »